全自動おそうじトイレ、アラウーノL150でトレイ掃除が楽々に

INAXのパッソEA11の便座のヒンジ部が壊れてしまい、 パナソニックのアラウーノL150 タイプ0 に買い替えたのでレビューします。

INAXからパナソニックのタンクレストイレへ交換

使用していたトイレはINAXのパッソEA11でタンク付き。

特徴は便座部がお掃除の際に真上にリフトアップでき、便器と便座の隙間の汚れをキレイにできるという物でした。

INAX パッソ CW-EA11
INAX パッソEA11

リフトアップから元に戻す際に、便座部全体を押し込むのですが、その際に便座のヒンジ部を割ってしまいました。

トイレのお掃除に関しては、便座がリフトアップでき確かに隙間まで拭けたのですが、便座部の底側の入り組んだところに汚れが残ったりしていました。

しっかり掃除をしようと思うとかなりの時間を要していたので、もっとお掃除がラクなトイレはないものかと探していると、

パナソニックの全自動お掃除トイレ「アラウーノ」

に辿り着きました。

タンクレスですっきりしたデザイン も惹かれました。

ネットでアラウーノ L150を購入

Yahooショッピングの工事費込みのショップで購入 しました。

アラウーノ L150の最上位モデル タイプ0 を選びました。

せっかくトイレ本体を丸ごと交換するので、床のクッションフロア張り替えも一緒にしました。

アラウーノは設置位置が奥の壁側に寄るので、既設便器の設置跡が見えそうな懸念もあったからです。

アラウーノ施工説明書より抜粋
アラウーノ施工説明書より抜粋

床の色は明るめにしたかったので、サンゲツのHM-10169 を選択。

10年延長保証も追加し、PayPayポイントバックを加味して実質 税込24万円弱 でした。

購入したショップは、家電と住宅設備のジュプロ

アラウーノ L150 家電と住宅設備のジュプロ

コロナ禍でメーカー納期未定の状態でしたが、実際は注文日から2週間後に工事できました。

注文時にショップから工事日の連絡があり、都合が悪い場合は第3希望日までを連絡します。

工事日が確定すると、工事日2日前にトイレが届きました。

アラウーノL150梱包状態
アラウーノL150梱包状態

写真は便器本体の大きな箱と配管セットに、床のクッションフロアです。

便器本体の梱包サイズは 縦50×横83×高さ57cm、重量24kg になります。

運送業者の方が、「最近のトイレは軽いんですね!」と驚かれていました。

わが家はマンションなので、床排水(排水芯120・200mm)でした。

注文時にショップへ今使っている便器のメーカー・型式を連絡して、取り付けに問題がないかをちゃんと判定 してくれます。

トイレ交換工事は2時間半

工事当日に業者の方が来られると、まず既存の便器・タンクの処分についてと、床クッションフロアの張り替えで手洗いキャビネットの一時退避の為の追加工賃の説明がありました。

既設トイレの処分¥4,400と、手洗いキャビネットの一時退避工賃¥3,000を現金で支払い ます。

工事が始まると、早々に既設の便器・タンクを撤去して、床の張り替え作業をされていました。

工事時間は約2時間半、床クッションフロアの張り替えが多くの時間を占めていたと思います。

設置が終わると、ひと通りの機能説明をしていただき、無事に工事完了。

アラウーノL150への交換
タンクレストイレ アラウーノへの交換

クッションフロア(サンゲツHM-10169)はネットの画面上だけでの確認でしたが、思っていたとおり室内が明るい感じに変わりました。

サンゲツ クッションフロア HM-10169
サンゲツ HM-10169

タンクがなくなり設置位置が若干奥になったことで、トイレ室内が広くすっきりした感じになりました。

背面のLED間接照明は、思った以上に 高級感を演出 してくれます。

アラウーノL150 最上位モデル タイプ0

アラウーノ最上位モデルのタイプ0を選んだ理由は、

ナノイーXによる強力脱臭 
・オゾンウォーター自動散布による除菌
・背面と便器内を自動で照らすLED間接照明

アラウーノL150 タイプ0
アラウーノL150 タイプ0

トイレに入ると、便ふたが自動で開きます。

壁リモコンはアプリ対応のフラットリモコン。

アラウーノL150タイプ0フラットリモコン
L150タイプ0フラットリモコン

アラウーノのフラットリモコンは可もなく不可もなくといった感じ。

交換前のINAXパッソの壁リモコンは、上面の押しやすい位置に流し用ボタンが配置してあったり、液晶表示で時間や温度設定が見れたのでとても便利でした。

スティックリモコンだと上面に流し用ボタンと便ふた・便座の開閉ボタンが配置してあります。

トイレ空間をよりおしゃれにしたいなら、スティックリモコンが良いと思います。

アラウーノL150 本体 設定ランプ表示部
アラウーノ本体 ランプ表示部

便ふたを開くと左側に設定ランプ表示部があります。

オゾンウォーターやECONAVI作動中はランプが点灯します。

ランプ表示部の横には、本体設定ボタンと泡洗浄用のタンクがあります。

アラウーノL150 本体設定ボタンと洗浄タンク
本体設定ボタンと洗浄タンク

ボタンの上側には、停電時に使用する9V角型アルカリ電気の収納ホルダーがあり、実際に使用するときには電池ホルダーの向きを入れ替えてから使います。

便器背面上部にLED間接照明があります。

アラウーノL150 背面LED間接照明部
背面LED間接照明部

トイレに入ると自動で便器内と室内をやさしく照らしてくれるので、夜中目覚めてトイレに行っても、電気を点けて眩しい思いをしなくて済みます。

アラウーノL150 LED間接照明のみの室内
LED間接照明のみの室内

トイレ掃除が楽々に

今までの便器は、掃除をしないと便器内の水たまり面のふちに黒ずみができたりしていました。

ところが、アラウーノに変えてから1か月経ちましたが、水たまり面のふちまわりは磨いていないのにピカピカのまま です!

梅雨のジメジメ蒸し蒸し真っただ中だったにもかかわらず…です。

便器内も 激落ちバブルハネガード のおかげで、とびはね汚れが少ないです。

さらに定期的なオゾンウォーターの自動散布もあるので、本当にキレイが保てています。

なので日々のお掃除は、 花王のトイレクイックル(取説で使用可と記載)で全体をササッと拭くだけ

アラウーノフォーム
アラウーノフォーム

泡洗浄用の洗剤は、市販の台所用中性洗剤も使用できます。

ただし、柑橘系やヤシ系など天然由来成分で使用できない洗剤もあります。

わが家は市販の洗剤より割高ですが、安心して使用できる専用のアラウーノフォームをまとめ買いしています。

4人家族ですが、アラウーノフォーム1本(250mL)で1ヶ月以上は使えます。

脱臭フィルターのお手入れも超簡単!

アラウーノL150 脱臭フィルター掃除
脱臭フィルター掃除

フィルターはトイレ本体右側面に、脱臭用とナノイーX用の2ヵ所があります。

お手入れはフィルターを引き出して、ブラシなどでほこりを取り除くだけ。

お掃除で一番の手間は、脱臭吸込口の掃除 になります。

アラウーノL150説明書より抜粋
アラウーノL150説明書より抜粋

場所が奥まっていて汚れが溜まりやすいので、少し手間ですが定期的に掃除しておく必要があります。

アラウーノの使い勝手について

使い始めてまず感じたのは、流す時の音が静かになった こと。

クローズ洗浄モードに設定 することで、自動で便ふたが閉じたあとに便器洗浄するのですが、それを差し引いても静かです。

ただ、せっかく静かなのに便座や便ふたが閉じる時に「ピピッ!」、便器洗浄時に「ピーッ!」と音が鳴ります。

夜中にトイレに行っても静かなだけに、設定で音が消せれば…、と思いました。

便座に座らない時…、男性の場合はトイレに入ったら2度ボタンを押す 必要があります。

入室時に自動で便ふたは開きますが、まず「便座」ボタンを押します。

便座が上がると同時に水位が下がり、水面の洗浄泡が少ない時には泡が足されます。

流す際には「小」ボタンを押せば、自動で便座と便ふたが閉じてから便器洗浄となります。

便座に座ってから使用する場合は、便ふた閉じから洗浄まで自動です。

着座時間が10秒以上50秒以内だと小洗浄になります。

検便などで採便の必要がある時には、水面の洗浄泡を流して水位を下げる「採便モード」があります。

モードの設定はアプリからしかできないので、WiFiの設定とアプリのインストールが必要になります。

壁リモコンでも設定できれば良いなと思いました。

以上、全自動おそうじトイレ、アラウーノL150タイプ0のレビューでした。