すた丼をおうちで簡単に再現!すたみな焼きのたれを買ってみた

スタ丼を初めて食べたのは、東京小平の学園東町にあった、スタミナ丼の店小平店でした。

多い時には週の半分以上は食べに行くほどハマってしまった味、当時は東京にあった他のスタ丼店を食べてまわっていました。

今は小平店も無くなってしまいましたが、すた丼の店は全国に増え、すた丼のたれも販売されるようになりました。

おうちで気軽にすた丼が再現ができるすたみな焼きのたれで、すた丼を作ってみたのでご紹介します。

フードレーベル 伝説のすた丼屋 すたみな焼のたれ

ヨドバシ.comにて、フードレーベル 伝説のすた丼屋 すたみな焼のたれ 230g を購入。

購入価格は、税込348円で送料無料でした。

フードレーベル 伝説のすた丼屋 すたみな焼のたれ
すた丼のたれ

使用量目安として、2人前で豚肉200gに対して、たれを60g使います。

フードレーベル 伝説のすた丼屋 すたみな焼のたれ
すた丼のたれ 味見

たれのお味は、にんにく醤油!という感じ。

にんにくの味はしますが香りが弱いので、にんにくおろしを追加することをお勧めします。

すた丼の作り方はシンプル

すた丼の作り方は、いたってシンプル。

長ねぎと豚肉をフライパンで炒めたら、すたみな焼きのたれを投入し、味がしみこむように絡めながら炒めるだけ。

多めに盛ったご飯に炒めた肉をのせて完成!

卵とたくあんを添えれば、見た目はほぼお店のすた丼と同じ。

お味の方はと言うと、少ししょっぱめかな、という印象。

でもお店もこれくらいのパンチはあったかと思います。

卵かけごはんのたれに使っても美味しかったです。

子どもも一緒にすた丼を食べられるようにひと工夫

わが家は子どもも一緒に食べるので、今回のすた丼のたれを購入する以前から、おうちすた丼を作っていました。

たれは醤油にみりん、酒、きび砂糖、はちみつ、味覇(ウェイパー)、おろしにんにく

豚肉(バラ薄切)は一度茹でてから、長ねぎ・にんにくと一緒にごま油で炒めます。

すた丼 豚肉の下茹で
豚肉の下茹で

すた丼自体は味が濃い目になるので、豚肉を下茹ですることで脂っぽさが少し無くなり、子どもでも食べやすくなります。

また炒める時間も短くて済むので、肉が硬くなりにくいです。

炒めもの全般に言えることですが、ビタクラフトの炒め鍋はとても使いやすく、すた丼作りにも大活躍。

すた丼作り方
フライパンですた丼の肉を炒める

器に盛ったごはんの上に粗めにちぎった海苔をまぶして、炒めた肉をのせます。

真ん中に卵をのせ、たくあんを添えればすた丼の完成!

スタ丼小平店ではもやしの味噌汁がついていたので、わが家もすた丼の時はもやしの味噌汁にしています。

おうちすた丼
おうちスタ丼の完成

味をマイルドに仕上げれば、子どもも喜んでたくさん食べるので、おうちすた丼は簡単に作れておすすめです。